光の詩(運命)

運命というもの

それは人生の重要な場面で必ずあらわれるもの

運命に問われ

そして運命へと向き合う

それがどんなに厳しくても

それがどんなに苦しくても

人はその運命と向き合わなければならない

その運命と向き合うことが

今一番大切であるということ

その運命と真剣に向き合うことが

今必ずやらなければならないことなんだ


運命を問われる今この瞬間に

本当の想いを天に強く指し示すこと

真の魂を強く強く光輝かせること

そしてその魂の光をどこまでも強く信じること

それはこの運命を乗り越えるために

それはこれからの運命を乗り越えていくために



運命ということ

それは人生の大切な場面で必ずあらわれる

運命に問われ

そして運命に向き合う

そこで何があっても

そこで何が起こっても

そのすべてを受け入れ

そしてそのすべてを乗り越えよう

その覚悟を心の中に決めることが

その勇気の光を心の中に宿すことが

必ず新たな運命を切り開くことにつながるはずだから

必ず 必ずつながるはずだから






[PR]

# by kenntatusennsei | 2017-11-11 07:09 | 光の詩 | Trackback | Comments(0)

新しい流れ

10月もそろそろ終わりを迎えようとしています。
今月は前回の記事にも書きましたが僕の身の回りで様々な出来事が起こる10月となっており心身共に不安定な状態での日々が続いていましたが、時間と共にその流れも少しずつ整理をする事が出来るようになり、現在は状況は変わらずのままではありますが心身共に徐々に安定感を取り戻し、また今後に向けての方向性をどう定めていかこうかと考える日々を過ごしています。

この先の世界、この先の未来へと進むためにはまた新しい流れを生み出す必要があります。その流れとは今までよりも大きく、強く、そしてどこまでも美しい流れでなくてはいけません。今までの流れを超えて、さらなる希望や期待を心に宿すためには今までの流れを上回り続けなければならないのです。

その流れを生み出すためにはまた大きな力が必要となります。今までを超える流れを生み出すという事は、実際はそう簡単に出来る事ではないのですが、未来を信じて、この先にある希望を信じてその新しい流れを創るための努力をまたしっかりと行い前へ進み続けて行きたいと思います。

大きく、強く、美しい、その新しい流れがまたこの世界に現れますように。

宮城県 仙台市 秋保大滝
f0182454_16061268.jpg
f0182454_16062207.jpg
f0182454_16063439.jpg







[PR]

# by kenntatusennsei | 2017-10-28 16:59 | こころおもい | Trackback | Comments(0)

原点へ

気が付けば10月も中旬を過ぎました。
今月はブログの更新が出来ずに本日まで来てしまいました。いつもブログをご覧いただいているみなさま大変申し訳ありません。

今月は僕の身の回りの世界で色々な出来事が起こっています。その出来事を整理するのが中々難しい状態が続き、実際は今もまだ心の整理がしっかりとは出来ていない状況です。

色々な事が起こり、色々な事を考えている日々ではありますが、こういう時こそ自分自身の原点に帰る事が肝心だと思っています。自分自身の原点に帰りそこでもう一度自分自身の本当に大切にしているもの、本当に信じているものをしっかりと見つめ直し、そしてまたこの先に進む決心をする事が今求められているのではないかと思います。

今の状況を冷静に把握し、そして今自分が考える一番最良の選択を行う事が出来るように心身を整えたいと思います。

原点へと帰り、そしてまたその原点から本当の流れを創造して行けるよう努めて行きたいと思います。


信じる事
信じ続ける事
それは本当に大切なものを守るために
信じる事
信じ続ける事
それは本当に信じているものを
本当に本当に大切な光を
この心の中へしっかりと宿すために
この魂の中へと強く強く宿すために







[PR]

# by kenntatusennsei | 2017-10-18 17:11 | こころおもい | Trackback | Comments(0)

次なる準備

気が付けば本当にあっという間、9月も終わりを迎えようとしています。
暑い日が続く事が多く季節の移り変わりをあまり感じられない毎日ではありましたが、そうした日々もそろそろ終わりなのだろうなと最近は実感することもあり、少しずつ秋が近付いて来ていると感じる今日この頃だなと思っています。

9月も色々な出来事がありましたが、どちらかというとこの9月は精神の安定期間として心身の休息を意識していた9月だったように思います。今年の最初より計画していた思案が先月の中旬頃にようやく形となり、その計画実現までの間、精神は強く昂ぶっている状態がずっと続いていたのですが、その精神の状態をしっかりと鎮め、そして今までに起こった流れをじっくりと頭と心の中で整理する期間としてこの9月は過ごしていたように感じています。

その精神安定期間も季節の移り変わりと共にそろそろ終わりを迎え、また次なる目標に向けて準備に入る期間となってきたのではないかなと今感じています。
精神を安定させ今までの流れを振り返り、そしてまた新たな道へと進む準備をするべき時が正に今この時なのだと感じています。

未来はこの先もどこまでも続いて行きます。その先へ先へと続いて行く未来へと自信を持って進めるようにまた心身の準備を強く心掛けていければと思います。

少しずつ、少しずつ、胸に秘めた本当の想いをこの世界で実現させていくために。








[PR]

# by kenntatusennsei | 2017-09-30 11:42 | こころおもい | Trackback | Comments(0)

新しい未来へ

新しい未来へと進む事とは一体何だろう。
最近は未来について色々な事を考える日々が続いています。

新しい世界、未知なる世界、そうした未来へと進もうとする時、人は大きな希望を胸に抱きます。しかしその中で何が起こるかわからない未知に対する不安の感情も同時に心の中へと芽生える事でしょう。その希望と不安の交錯する複雑な心境の中で人はいつも未来という世界と向き合っているのだろうと僕は思っています。

人は今までの世界、過去の世界へ変わらない安心感を抱くものだと思います。すでに起こった事実、過ぎ去ってしまった不変の事実、そうした過去の経験を元として人は自分自身の価値観や感性を形成していきます。そしてその経験の積み重ねによって人は少しずつ現実世界への認識力や思考力を強めていくのだと思います。

僕も今までの人生を生きてきて色々な経験をしてきました。成功もあり、失敗もあり、その中で培われた僕自身の価値観や感性は一概にみなさんに説明出来るものではないと思っています。

ただ今までの経験の中から僕はひとつ確信している事があります。
それは未来とはどうなるものなのか決してわからないという事です。
新しい未来には形が存在しません。どんなに経験を重ねても、どんなに様々な事を予測し対策を考えても、その先で起こる未来の形というものは、結局その時になってみないとどうなるのかはわからないのです。
過去に同じような事例がある場合、また人間が人為的に企画した物事などはもしかすると未来におおよその予測や見通しが立てられるのかもしれません。しかしそうではない全く初めての出来事の先にある世界、人間がまだ介入した事のない自然の世界へと足を踏み入れる場合、その先にある未来をはっきりと想像する事は人間には出来ないものなのです。

予想出来ない、どうなるかわからない初めて訪れる未来という世界、ではその未来という世界を自信を持って進むためには一体何が必要なのでしょうか。
未来へと進むために必要なもの、それはその未来への可能性を信じ続ける希望という想いなのではないかと僕は考えます。予想のつかない未知に対する不安や恐怖、その不安や恐怖を乗り越え、希望という想いの光を強く心に宿し、そしてその光を信じ続ける事が僕は新しい未来の扉を切り開くために絶対に必要なものであると想っています。

未来へと進むためにはその希望という想いを強く胸に秘め前へと踏み出す事です。その希望を強く強く宿した心の輝きによって必ず理想の未来が形となって表れるはずだと僕は信じています。

さあ未来へと進みましょう。不安や恐怖を希望の光で上回り、また新しい世界を創造しましょう。

希望という光に満たされた未来が、皆の理想とする世界として誕生する事を僕はずっと信じ続けています。


未来を想う時 ふと見上げた空の表情
f0182454_1823366.jpg

[PR]

# by kenntatusennsei | 2017-09-21 18:25 | こころおもい | Trackback | Comments(0)
line

総合武術達人会での出来事と、天と地の間にいる中での想いをここに記します。(画像は天地流居合術雲払 太刀 銘 宮城典真)


by tokihikaru
line